2014年2月アーカイブ

Fluentd plugin2つ目。
今回はMicrosoft SQL ServerへレコードをInsertしていくfluent-plugin-mssqlをリリースしました。(ニッチ!)


github
RubyGems


本プラグインを利用するにあたり、unixODBCとFreeTDSのインストールが必須となりますがインストール手順や設定手順については以前ブログに記載しているのでそちらを参考に。(もう1年も前の記事だった!)

CentOSからSQL Serverへ接続する

http://makeitsmartjp.com/2013/02/centos-sqlserver.html

RubyからSQL Serverへ接続する(CentOS)

http://makeitsmartjp.com/2013/02/ruby-sqlserver-centos.html


本プラグインのベースが @tagomoris さんの
fluent-plugin-mysql となっているため、configファイルの表記方法も以下の差分以外は同じです。

  • host, port, databaseの代わりに、odbc_labelには odbc.ini で定義した接続したいDBへのラベルを指定します。


Microsoft SQL Server環境をお持ちでしたら試してみて下さい。
あと、テスト書いてくれる方いたら大歓迎です。。

このアーカイブについて

このページには、2014年2月に書かれたブログ記事が新しい順に公開されています。

前のアーカイブは2014年1月です。

次のアーカイブは2014年8月です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。