RubyからSQL Serverへ接続する(CentOS)

このエントリーをはてなブックマークに追加
| コメント(0) | トラックバック(0)

前回の続き。

unixODBC, FreeTDSの設定が完了後、rubyからSQL Serverへ接続してみます。
Rubyのバージョンは1.9.3で確認しています。

RubyのODBC関連のモジュールをインストール

ruby-odbcとdbd-odbcをインストールします。


ruby-odbc

gem install ruby-odbc -- --with-odbc-dir=/usr/local/unixODBC-2.3.1


dbd-odbc

gem install dbd-odbc -- --with-odbc-dir=/usr/local/unixODBC-2.3.1


接続確認

unixODBCとFreeTDSの接続が終わっていれば、あとは接続確認するだけで完了です。
スクリプトは以下の感じで<>部分を適切に自分の環境に合わせてください。

require 'dbi'

dbh = DBI.connect('dbi:ODBC:<freetds.confのラベル>', '<接続ユーザ名>', '<パスワード>')
select = dbh.prepare('SELECT * FROM <table名>')
select.execute
while rec = select.fetch do
    puts rec.to_s
end
dbh.disconnect

特にエラーもなく、データが表示できていれば成功です。
unixODBC, FreeTDSの設定は少し面倒ですが、できればRuby側ではドライバをインストールするだけなので楽ですね。